2010年05月13日

高速増殖炉「もんじゅ」 臨界到達(毎日新聞)

 1995年12月のナトリウム漏れ事故以来、14年5カ月ぶりに運転を再開した日本原子力研究開発機構(原子力機構)の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市、28万キロワット)は8日午前、核分裂反応が連続して起こる「臨界」に達した。

 原子力機構は制御棒19本のうち18本を引き抜いており、残る1本の引き抜きも8日午前8時49分から開始。午前10時36分、原子炉の出力が予定通り0.03%で一定になった。中央制御室では、中川正春副文部科学相らが立ち会い、当直長が臨界を宣言した。炉心の特性を確かめる試験は、5回の起動停止を経ながら7月下旬まであり、最大出力1.3%まで上昇させる。

 もんじゅでは、運転再開初日の6日から7日にかけ、原子炉容器内の放射線量測定装置が6回警報を発した。しかし原子力機構と経済産業省原子力安全・保安院は「臨界の工程に支障はない」とし、予定通り作業を進めていた。

 一方、情報公開が1回目の警報鳴動から約半日遅れたことについて、保安院の根井寿規審議官(核燃料サイクル担当)は8日、原子力機構の早瀬佑一・敦賀本部長を呼んで口頭注意した。原子力機構は原子炉を停止する16〜20日に装置を点検し、故障原因を調べる。【酒造唯】

【関連ニュース】
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ
もんじゅ:5月6日運転再開を発表
もんじゅ:運転再開 福井県知事が正式に同意

「母の日」孝行が…車ため池に、95歳母と娘死亡(読売新聞)
子どもの人口、1694万人=29年連続で減少−総務省(時事通信)
<囲碁>本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で(毎日新聞)
再開初日は「順調」=もんじゅ、8日に臨界−福井(時事通信)
<凧あげ>大空高くバラモン凧 長崎・五島市(毎日新聞)
posted by スザキ コウジロウ at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

天皇、皇后両陛下 冬季五輪入賞者招き茶会(毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下は10日、皇居・宮殿にバンクーバー冬季五輪の入賞者や大会役員らを招き茶会を開いた。フィギュアスケート女子で銀メダルを獲得した浅田真央選手、同男子で銅メダルの高橋大輔選手ら約50人が出席。皇太子さま、秋篠宮ご夫妻、常陸宮ご夫妻、高円宮妃久子さまも姿を見せた。

 日本選手団の橋本聖子団長が成績結果を報告。天皇陛下が「みなさんがそれぞれに大きな成果を収められたことは誠に喜ばしいことです。日々の努力を重ねてこられた姿は多くの人々に深い感動や励ましを与えたことと思います」とあいさつ。両陛下と皇族方は約40分間、選手らと懇談した。

【関連ニュース】
<写真特集>バンクーバ五輪・浅田が銀メダル 金は大差でヨナ
<写真特集>バンクーバ五輪・浅田、高橋ら華麗な演技 エキシビション
<写真特集>バンクーバ五輪・フィギュアスケート女子SP
<写真特集>バンクーバ五輪・フィギュア:浅田、安藤、鈴木がそろって会見
<写真特集>バンクーバ五輪・スピード男子五百:長島が銀、加藤が銅

<巻機山>県警ヘリが5人発見、安否確認へ…新潟・群馬県境(毎日新聞)
新型インフル1年 麻痺した発熱外来、住民の不安を裁ききれず(産経新聞)
クイズで学ぶ男女共同参画 松戸で検定問題集を無料配布(産経新聞)
【フラッシュナビ】春版大掃除の実践者、2年前から43・9%増(産経新聞)
新たに12農場で口蹄疫疑い=宮崎(時事通信)
posted by スザキ コウジロウ at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

6月18日施行を閣議決定=改正貸金業法(時事通信)

 政府は20日、改正貸金業法の最終施行日を6月18日とする政令を閣議決定した。同改正法は、個人向けローンなど多重債務者問題の深刻化を受けて2006年末に成立、貸金業者の参入要件の厳格化など段階的に規制が強化されている。 

警備員お手柄、東京→横浜尾行=窃盗容疑で手配の男逮捕(時事通信)
【高速道路新料金】 身内からも異論「四国だけなぜ高い」(レスポンス)
住基ネット活用、最有力に=税・社会保障の共通番号制度−政府(時事通信)
宗達「松島屏風図」複製 100年ぶり堺に里帰り(産経新聞)
都バスに乗用車が衝突=1人心肺停止、6人負傷−東京(時事通信)
posted by スザキ コウジロウ at 18:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。