2010年03月12日

普天間「ゼロベース」で検討=米、沖縄に理解求める−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は9日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で社民、国民新両党の案が提示されたことに関し、「ゼロベースで今日までやってきたわけだから、政府案をまとめていく過程で米国にも、特に沖縄県民にも理解を求めていく。そういった理解が得られる案に作り上げていく」と強調した。
 両党の案については「参考にさせてもらいながら、政府の案を練っていく。どの案が有力だとか、あるいはどの案を検討しないとか、そういうことを言う段階ではない」と評価を避けた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
迫る期限、深まる混迷=選択肢狭める鳩山首相
社民の移設案要旨
国民新党の移設案要旨

新潟市美術館 館長を更迭 作品にかび 管理体制を問題視(毎日新聞)
【Web】ネットの主役は中高年?(産経新聞)
<自民党>執行部批判、身内から続々(毎日新聞)
独法の事業仕分け、PMDAを含め「聖域なし」―枝野行政刷新相(医療介護CBニュース)
児童買春で教員免許失効の男、県立高講師に採用(読売新聞)
posted by スザキ コウジロウ at 03:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。