2010年01月30日

民主・山岡国対委員長、首相の施政方針べた褒め 「国民の立場の演説」(産経新聞)

 民主党の山岡賢次国対委員長は29日午後、鳩山由紀夫首相の施政方針演説について、「国民の立場に立った演説だった。国民にとって身近でわかりやすく、現実的であると同時に心や人間性に訴え、非常に良かった」と述べた。国会内で記者団に語った。

【関連記事】
民主と日医が政策勉強会 参院選に向け連携か
「集中審議を要求」 小沢氏問題で野党
民主・山岡国対委員長「29日に施政方針演説」
民主党・山岡国対委員長、補正予算の衆院採決は「25日」の方針示す
「日米中」は正三角形にあらず

<参院予算委>鳩山首相「戦って発言、撤回せぬ」(毎日新聞)
消えゆく戦後…旧海軍整備工場が70年の歴史に幕(産経新聞)
覚醒剤使用の警部補を懲戒免職 千葉県警(産経新聞)
海自の商船護衛100回、防衛相が指揮官を激励(読売新聞)
普天間移設「法的措置も」 官房長官(産経新聞)
posted by スザキ コウジロウ at 14:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。